公立保育士だけど辞めたいと思うとき

公立保育園の保育士(地方公務員)だけど辞めたいと思うとき

公立…つまりは地方公務員試験を受けて、公務員として市立認可保育園に勤めている保育士さんがいます。

 

一般的には、この働き方は保育士のなかでは

 

一番、給料がよく
一番、福利厚生が充実していて
一番、長く働きやすい

 

といわれています。

 

 

一見、公立保育園の正職員に、公務員になれば、ある意味もうゴール!という気分になりそうな気もするのですが、ところが昨今、それでも離職したいという保育士さんが少なくありません。


閉鎖的な職場環境で、人間関係に悩んでしまう

確かに、公務員として、正職員で市立認可保育園に勤めることができれば、安泰は安泰なんですよね。

 

でも、それが自分が心身ともに元気な場合に限ります。

 

 

私が見てきた経験上、市立保育園の正職員の保育士さんは、数年に一度、異動があります。

 

同じ自治体、地域にいくつも園があると思うんですが、その中を転勤してぐるぐる回ります。

 

なので、あの園の●●先生とは何年一緒に働いたわとか、その先生知ってるわ…とか、身内感が強まるんですね。

 

長く勤める先生は、それこそ10年、20年戦士のベテランも多く、いろいろな意味で強い先生たちです(笑)

 

身内感が強い雰囲気というは、波長が合えば最高にやりやすくていいのですが、合わなかったときにいじめなどの「心に強くストレスがかかる」状況になりやすいです。

 

 

そして、「業種的にそもそも安い!」といわれている保育士のなかでも、公立保育士は…

 

まぁそれなりに良い給与
公務員という安定した立場や福利厚生

 

などの労働条件は整っているので「これを失いたくない!もったいない!」重荷になって気持ちが追い詰められてしまうというのが、意外と多かったです。

 

 

 

新卒で公立の保育士になった人だと、もしも人間関係でツラい状況になっても、

 

 

 

せっかく公務員になったのに!
せっかく安定した仕事を新卒で見つけたのに…!
逃げ場がない!

 

と、自分をより追い詰めてしまうことも…。


正職員なんだから…と、無理をさせられてしまうことも

市立の保育園にも、正職員ではない、すなわち公務員でない先生はいます。

 

 

フルタイムパートでも臨時職員・非常勤職員という扱いで、準公務員という立場
短時間パートで、扶養内で働いている立場

 

 

こんな感じでさまざまです。

 

 

どこの保育園も人員が本当に潤っているという職場はそうありません。

 

ぴったりか、シフトのお休みの状況によっては、カツカツ…実は正直ちょっと足りてないという状況もありますよね?

 

 

例えば、行事の予定があって、準備物があるとき。

 

実は公立保育園の園長先生やエラい先生は、あまりパートの先生たちに強く終わるまでやって!と言えません。

 

 

人手を確保するために、『残業なし、短時間でOK!』などといった労働条件で契約している保育士さんには、ムリなことは言えないんです。

 

労働契約は守らなくちゃいけないから、時間外のことは頼めないんですよね。

 

そして、そのワリを食うのが「身内」である正職員の先生たち。、どんどん頼まれごとが山積みになっていったりもします(-_-;)

 

 

私が今まで見てきた正職員の先生で、行事のたびに準備や作り物に追われ、いつも最後の最後まで残ってやっている保育士さんがいました。

 

パートの先生たちも、指示を受けて一緒にやり始めるんですが、やっぱり短時間勤務ということで、作業が終わらないうちに終業時間になり、残りは正職員の先生が全部終わらせて…という感じでした。

 

 

だから、公立の保育士さんは、思った以上にキツいんです。


次年度の職員配置の兼ね合いで、子どもを作るな!?

見てきた中では、こんなケースもありました。

 

 

来年、幼児クラスの担任をしてもらいたい。
なので、子作りはしないで欲しい。
子どもが欲しいなら、辞めて(退職して)欲しい。

 

こう、園長から切り出された正職員の先生がいました。

 

 


これは、完全なるマタハラです。

 

でも、現実にあった話です。

 

結局この正職員の先生はどうしたかというと、公務員を辞めました。

 

 

公務員をやめて、隣の市の公立保育園に臨時職員として勤務し、そこで第3子を妊娠し、臨月まで頑張って、また退職しました。

確かに、ちょっとはわかるんですよ…園を運営していかなくてはならない園長先生の気持ちも。

 

年度の途中で担任が変わってしまうのは、子どもにも影響があるから避けて欲しいって。

 

でもそれに気使い、人生計画を考えるのは保育士個人のやることであって、職場の上長・・・園長先生が「子どもを作るな」とか言うべきじゃないですよね(というかほんとはダメです上記のようなことは!マタハラですから!

 

こういうときも、公務員をやめるとなると、かなり選択に勇気が必要になります。

 

同時にそれがまた思いプレッシャーとストレスにもなりがちです。

転職するなら、今よりも良い好条件の仕事を見つけて、後悔の無いように!

公務員の保育士になった人は、厳しい試験に受かって、それなりに苦労をしてきたはずです。

 

せっかく手にした「地方公務員という安定した立場」を離れるとなると、収入や待遇が今よりも不安定になるんじゃないかと、公務員じゃない保育士よりも大きく感じられて、いっそう転職に踏み切れないんです。

 

 


人間関係だけで、辞めてしまっていいのかな…?と。

 

でも、そのストレスが更に精神面を追い詰めてしまう事もあります。

 

 

でも、働く上で人間関係はとてもとても大事です!

 

自分の体調にもかかわるし、将来子供が欲しい時にサポートしてもらえるか、日々の保育を円滑に進めていけるか、すべてに人間関係は良しあしは関わってきます。

 

 

今公立園で、公務員の保育士として働きながら「人間関係」などの理由でツライな…と感じている人は、ただハローワークの求人をふらっと見ただけでは、よけいに絶望します。

 

こういう人こそ、転職支援サービスに登録しておいて

 

「今の環境以外にも、正職員でも、すぐに転職出来て、こんなに魅力的な条件の職場がたくさんあるんだ…!」と知ってほしいです。

 


 

 

↓気になるはたらきかたをクリック!↓

正社員・正職員

派遣保育士

園長・主任

短時間・パート

院内、企業内保育士

デイサービス

関連ページ

穴場求人!加配保育士ってなんだろう?
保育士が気をつけなくてはならない「他害」ってなんだろう?
担任保育士のシフト、延長保育士(早朝・夕方)のシフト
ピアノが必須の保育園でなければ、弾けなくても問題なし!
モンテッソーリ教育の保育園の求人って、どんな仕事内容?
人間関係で保育士辞めたくない!長く続けられる職場の条件
保育士の給料、安すぎる!?今まで薄給だった保育士のワケ
保育士の辞め時、転職活動始めるなら秋〜冬がベスト!!
保育園いろいろ〜保育士の多様な働き方〜
保育士で正職員・正社員として働く!
短時間・パート保育士として働く
派遣保育士として働く!
保育士が単発スポット保育・ベビーシッターとして働く
院内保育士、企業内保育士として働く
デイサービス(障がい児通園施設)で保育士として働く
園長、主任保育士として働きたい!
保育士の職業病、膝の痛みはどうしたら?現役保育士が教えます
保育士の職業病、腰痛!現役保育士が教えます
保育士の職業病、人間関係の「うつ」や「適応障害」が多いのはなぜ?
複数担任制ってなに?現役保育士が教えます
膝や足の甲の黒ずみかさつきが地味に保育士にはツライ!原因と対策は?
マザリーズが自然にできるようにしよう