園長、主任保育士として働きたい!

園長、主任保育士として転職したい!

どんなお仕事でも、一生懸命に働いていればキャリアアップを考えるものですよね。

 

保育士のお仕事は現場メインな部分が大きいのですが、それでも多くの保育士さんを取りまとめていく主任保育士や、園の最高責任者である園長先生というキャリアの道筋はあります。

 

でも、それぞれの園によって職員体制というのはさまざま!

 

どんなに長く働いていても身内ばっかりが幹部を務めてる私立園や、試験に合格したり他者推薦が無いと園長や主任に昇格できなかったり…

 

けっこう上の立場というのは狭き門なんです…!

 

 

「新卒で入った職場で、長く働いて上を目指す。」

 

でも、先ほどの理由などで、これがなかなか難しい職場が多いのも事実です。

 

 

また、保育士のキャリアプランニングをするうえで、「結婚」「出産」などで現場を離れてしまったりすると、いくら保育士としての経験があっても
主任や園長にはなれなかったりという現実もあります。

 

昔新卒で入った保育園で、6年目で結婚して出産のために退職、子育て時期に復帰しても、正職員ではなくてフルタイムのパート…

 

担任もフリーもたくさん経験して、保育士歴は20年以上になったけれど、結局今の職場でもパートだから、主任先生や園長先生っていうキャリアうんぬんの話には乗っかれないよね。

 

現場は経験豊富な人材を欲しがっているのに、なんだか腑に落ちないよなぁ…

 

こういう思いを持っているベテラン保育士さんは、少なくないんです。

「手に職」なんだから、転職して主任・園長のキャリア形成してもOK!

保育士というのは、手に職なんて言われてきた資格職のひとつです。

 

 

今勤めている職場にずっといなくちゃいけないということもなく、もしも自分の持っている経験を、しっかりと主任保育士先生、園長先生などの肩書やお給料に反映させて働いていきたいなと思うなら、30代〜50代でも転職は十二分にありです。

 

最近は東京都の首都圏や大阪、名古屋など都市部を中心に、もっと保育施設を増やそうという動きが高まっています。

 

大きな認可園でなく、小規模保育施設も数多く増設されてきていて、それにともなって、経験豊富な保育士さんを対象とした「主任保育士や園長先生の求人」が増えてきているんです。

 

保育士は自分の子育てなども経験として生かせるお仕事。

 

経験年数もあり、まだまだ保育士さんとしてお仕事がしたいなという場合は、主任保育士として、園長先生としてキャリアアップ・お給料アップを望める転職を考えてみては?

 

↓キャリアを生かしたい、作るための転職・相談をしたいならここ!↓
保育のお仕事

 

 

↓気になるはたらきかたをクリック!↓

正社員・正職員

派遣保育士

園長・主任

短時間・パート

院内、企業内保育士

デイサービス

関連ページ

穴場求人!加配保育士ってなんだろう?
保育士が気をつけなくてはならない「他害」ってなんだろう?
担任保育士のシフト、延長保育士(早朝・夕方)のシフト
ピアノが必須の保育園でなければ、弾けなくても問題なし!
モンテッソーリ教育の保育園の求人って、どんな仕事内容?
人間関係で保育士辞めたくない!長く続けられる職場の条件
保育士の給料、安すぎる!?今まで薄給だった保育士のワケ
保育士の辞め時、転職活動始めるなら秋〜冬がベスト!!
保育園いろいろ〜保育士の多様な働き方〜
公立保育士だけど辞めたいと思うとき
保育士で正職員・正社員として働く!
短時間・パート保育士として働く
派遣保育士として働く!
保育士が単発スポット保育・ベビーシッターとして働く
院内保育士、企業内保育士として働く
デイサービス(障がい児通園施設)で保育士として働く
保育士の職業病、膝の痛みはどうしたら?現役保育士が教えます
保育士の職業病、腰痛!現役保育士が教えます
保育士の職業病、人間関係の「うつ」や「適応障害」が多いのはなぜ?
保育士のエプロン、どこで買う?便利なエプロンの条件とは?
保育士の水着、どんなものを用意しよう?現役保育士が教えます
複数担任制ってなに?現役保育士が教えます
膝や足の甲の黒ずみかさつきが地味に保育士にはツライ!原因と対策は?
マザリーズが自然にできるようにしよう