保育士の職業病、膝の痛みはどうしたら?現役保育士が教えます

保育士の職業病、膝の痛みはどうしたら?現役保育士が教えます

保育士として働いていると、体の不調に悩まされることが珍しくありません。

 

外の活動が続いて、とか行事の準備が…というだけでなく、常日頃、気になるようになってきてしまう体の不調→職業病を抱えてしまう事もあります。

 

その中でも、膝の痛みが気になる人はかなり多いです。私もなんですけどね…(^_^;)

 

ここでは、

  • どうして保育士さんは膝の痛みを抱えやすいのか?
  • 膝の痛みの対処方法はどんなものがあるのか?
  • 予防する方法はあるのか?

をご紹介します。

どうして保育士さんは膝の痛みを抱えやすいのか?

やっぱりこれは第一に『毎日酷使するから』なんです…。

 

ただ酷使するだけでなく、自分の体にとって負荷のかかる動きが多いんです。

 

大人よりもずっと小さい子供たちと手をつないだり、体を支えたり、怪我が無いようにとっさに動いたり。

 

中腰で動いたり、床に膝をついたまま歩き回ったり、急にまっすぐでなく斜めに立ち上がったりという、一番膝に良くない動きばかりになりがちなんですね。

 

体の使い方は、意識していないと無理な動きばかりになってしまいやすいです。

 

それが続くと痛めてしまって、クセになってしまって・・・という悪循環なんですね。

膝の痛みの対処方法はどんなものがあるのか?

まず、今まさに痛めた!!という時には冷やします。無理に動かさないようにして、できるだけ負担をかけないようにします。

 

家に帰ってからシップなどで冷やすのも大事です!そして、急性期を過ぎたら、今度は積極的に動かすようにします。

 

痛いから、とあまり動かさずにいると、筋肉がどんどん固まってきてしまうんです。

 

そしてさらに動かしにくくなるから、動かさずにいると、今度は筋肉が減ってきてしまって、ますます動かすときに苦痛になります。

 

ただ、動かすのにもコツがあって、まっすぐ立ち上がり、まっすぐしゃがむ、というのを意識してやってみましょう。

 

ついつい子供を追ってあわてて駆け出したくもなりますが、膝関節を斜めに動かすのはとても良くない負担になります。

 

もしどうしても斜めに動かしてしまう…というなら、膝関節を横にぶれにくくするサポーターをおすすめします↓↓

 

膝をしっかりサポートする膝サポーター

膝痛を予防する方法はあるのか?

「できるだけ、悪い負担をかけない!」これに尽きます。

 

膝だけでなく、体は消耗品です。

 

正しい使い方をしていれば、長く使えますし、大切にメンテナンスをすれば良い状態を保てます。

 

どうしても膝に悪い負担の動きになりがちな保育士の日常動作ですが、心がけ次第で数年後に大きな差が出ます。

 

まっすぐ立ち上がる、まっすぐ曲げる

急いでいると、ついつい座った状態から急に駆け出したくなりますが、出来るだけ立ち上がるときは上にまっすぐ、座ったりしゃがんだりするときにも下にまっすぐ曲げるようにしましょう。

 

下半身の筋肉を意識して、筋肉をつけるようにしましょう

膝にしろ腰にしろ、骨が痛いという時、他に頼れるのは筋肉の鎧です。

 

しっかりと柔軟な筋肉をつけて、十分に支えられるようにしておきたいですね。

 

体重が増えすぎていませんか?

余計なお世話かもしれませんが、これも大事です。

 

膝自体の周りはあまり筋肉の厚みがありません。つまりは筋肉を鍛えても、劇的に良くなるということは残念ながら多くはないです。

 

そうなるとあとはどれだけこの消耗品である膝に負担をかけないか?

 

すると、「体を重たくしすぎない」というのがとても重要なんです。

 

あまり辛いなら、受け持ちのポジションを変えてみる

しゃがんだり立ち膝をすると、てきめんに膝に悪いですが、こういう動きが多いのは0〜2歳の乳児保育の先生です。

 

あまりに膝が辛いなら、一度もっと年齢層の高いクラスの担当に代わってみることも視野に入れてみては?

 

幼児クラスや、児童デイサービスの保育士だと、そこまで膝にばかり負担がかかる状況は避けやすいです。

 

仕事だけでなく、プライベートでも大事な「ひざ」の健康。ぜひ、長持ちさせてくださいね!

 

↓いろんな働き方、職場を探すならここ!↓
ほいく畑は派遣保育士の王道!その理由とは?

 

↓気になるはたらきかたをクリック!↓

正社員・正職員

派遣保育士

園長・主任

短時間・パート

院内、企業内保育士

デイサービス

関連ページ

穴場求人!加配保育士ってなんだろう?
保育士が気をつけなくてはならない「他害」ってなんだろう?
担任保育士のシフト、延長保育士(早朝・夕方)のシフト
ピアノが必須の保育園でなければ、弾けなくても問題なし!
モンテッソーリ教育の保育園の求人って、どんな仕事内容?
人間関係で保育士辞めたくない!長く続けられる職場の条件
保育士の給料、安すぎる!?今まで薄給だった保育士のワケ
保育士の辞め時、転職活動始めるなら秋〜冬がベスト!!
保育園いろいろ〜保育士の多様な働き方〜
公立保育士だけど辞めたいと思うとき
保育士で正職員・正社員として働く!
短時間・パート保育士として働く
派遣保育士として働く!
保育士が単発スポット保育・ベビーシッターとして働く
院内保育士、企業内保育士として働く
デイサービス(障がい児通園施設)で保育士として働く
園長、主任保育士として働きたい!
保育士の職業病、腰痛!現役保育士が教えます
保育士の職業病、人間関係の「うつ」や「適応障害」が多いのはなぜ?
複数担任制ってなに?現役保育士が教えます
膝や足の甲の黒ずみかさつきが地味に保育士にはツライ!原因と対策は?
マザリーズが自然にできるようにしよう