保育士の職業病、人間関係の「うつ」や「適応障害」が多いのはなぜ?

保育士の職業病、人間関係の「うつ」や「適応障害」、メンタルの不調について

保育士さんは、子どもだけを相手にするお仕事じゃありません。

 

子供よりも、実は同僚の保育士や、子どもよりも倍近くの数の保護者との関わりのほうが多いかもしれません。

 

保育士さんが人間関係で悩むというのは、本当によく言われてきている話です。

 

 

人間関係で精神的に参ってしまう保育士さんは、私もたくさん見てきました。

 

そして、園長などの園の運営側の人間が近年頭を悩ませているのも「職員のメンタルヘルス」なんです。

 

どうして保育士さんはうつや適応障害といった精神的な不調に悩まされやすいのか?

 

詳しく解説していきます。

真面目な性格の人が多く、こん詰めて働きがち

保育士さんになる人の多くは、まじめで一生懸命な性格の人がとても多いです。

 

もちろん、大事なこどもの生活と命を預かる仕事なので、その気持ちは大事なんですよ。

 

でも、一生懸命になりすぎて自分の生活や性格を見失うほどに仕事ばかりに染まってしまう人が、びっくりする位多いんです。

 

 

普通のサラリーマンなら、「さ〜て終わった!飲むぞ♪」なんてよくある話。

 

でも子どもが好きで保育士をやっている人は「いやぁうちのクラスの〇〇ちゃんが今日可愛かったなぁ」とか「こんなことやってたなぁ」と、ついつい時間外にも仕事場のことを考えがち。

 

そしてそのまま明日の段取りとか制作物のこととかズルズル考えて…

 

本能的な母性も注いで仕事しちゃうので、なかなか切り替えられないケースが多いんですよ。

 

 

結果的に、いつも仕事モードが続いてしまいがち。

 

そして、それを「全面的に良いこと」という風土が職場に強いと、「気を抜ける場面がなかなかやってこない」ということに…。

人の命を預かるから、力を抜くこと=怠けることと感じやすく罪悪感を持ちやすい

保育士は日中の保育のかける子供たちを預かり、育てるお仕事です。

 

急病にも備えるし、怪我などにもいつも細心の注意を払っています。

 

命を預かるといっても過言ではないのです。

 

なので、精神的にゆるめる…肩の力を抜くということを、イコール怠けるという事と勘違いしやすく、罪悪感さえ感じてしまう人もいます。

 

 

肩の力を抜いたり、仕事以外の場面ではホッと力を抜いて過ごすことは大事ですよね。

 

でも、休息を怠けていると感じてしまう人は、自分が楽になることで預かった子供の命が危険にさらされるかも…とまで思ってしまう事もあるんです。

 

そこまででなくても、ただひたすらに一生懸命にやらなくては!という気持ちでいる先生も多いです。

 

それは素晴らしいことですが、オンオフを付けないと自分の体も心も損ねてしまいやすくなりますね…。

保育士個人の保育観(価値観)のズレが適応障害を引き起こす

また、保育士は基本的には『保育所保育指針』という国が定めた指針に基づいて保育に当たっていますが、個人個人の保育観というのは様々です。

 

みんな本気で子供のことを考えているからこそ、この保育観があまりに違う先生同士ではうまくいかないというケースもあります。

 

特に、園長や主任、学年リーダーといった、全体のまとめ役の先生の保育観は、その職場の雰囲気を左右します。

 

職場の雰囲気、風土に自分の価値観が合わなかったときは、本当に人間関係が辛く感じられ、メンタルに支障を出る保育士が多いんです。

 

 

間違っちゃいけないのは、『最初から悪い人、嫌な人は大抵いない』という事。

 

たとえこの職場でうまくなじめなくても、保育士として失格とか、そういう事はまずありません。

 

そこにいる人と考え方が合わなかっただけ・・・まさにこれが適応障害の元でもあるんですね。

朱に交わる?自分の気持ちを尊重する?どちらも正解!

保育にかける思いがこの人・この職場と違うなぁ…なんか馴染めていないなぁと思うときがあると思います。

 

「朱に交わって赤くなる」のも、「自分の気持ちを主張したり貫きとおす」のも、どちらも良いんです。

 

この折り合いがうまくつけられなくて、病んでしまう保育士が多いんです。それじゃあどうするか?

 

周りになじみ、自分の考えを変えていくなら…

朱に交わってしまう!と決めたなら、周りの保育士さんの話に今まで以上にしっかり耳を傾けて

  • 「なるほど、こういう考え方もあるんだな」
  • 「こういう思いでこうやっていたのか」

と、理解を広げていくのが一番です。

 

仕事のやり方や子供への対応の多様性を受け入れて、自分のやり方や職場での立ち振る舞いを柔軟に変えてみましょう。

 

やはり賛同できない、自分の思いや気持ちを尊重したいなら…

こう思っている間は、職場にいるだけで大きなストレスになっているはずです。

 

自分なりに考えをまとめて、この人のここは苦手だけど、ここはいいところだなという面を見つけて、ストレスがMAXにならないようにしていきましょう。

 

折り合いつけられない、笑顔も無くなってきた…レベルなら、自分の色にあう職場を求め、転職を視野に入れていきましょう。

 

 

おっとりしていて、子どもにもゆったりとした保育を与えたい!という人が、キビキビ系の人に囲まれてキビキビした保育を与える職場にいても、うまくいきません。

 

今は首都圏や大都市を中心に保育士が働く職場がどんどん増えていますので、いろんな雰囲気の職場が選べる絶好のチャンスでもあります。

 

 

たまたま自分と雰囲気や気持ちが合わない職場に働いているからというだけで、「保育士としての自信」を無くしてしまうのはもったいない!

 

ぜひ前向きに、自分に合う職場を探してみてください(’ω’)b

 

↓人間関係重視、雰囲気重視の職場探しに強いのはこちら♪↓
保育エイド『人間関係重視No1』の口コミは本当?実際に登録してみた

 

↓現職のお悩みの相談に乗ってくれる珍しい支援サービスはこちら↓
保育ぷらす

 

↓気になるはたらきかたをクリック!↓

正社員・正職員

派遣保育士

園長・主任

短時間・パート

院内、企業内保育士

デイサービス